コンテンツにスキップ

ワクチンの接種により、症状が出ることを防ぎ、重症化するのを予防できることが明らかになっています。
できるだけ多くの方が予防接種することで、感染の拡大を防ぐことができます。

ワクチンの副反応について

頻度は多くはありませんが、アレルギー反応を起こすことがあります。
しかし、接種前に正確な問診と、万が一副反応が起こっても正しく対処することで、重篤な症状になることは極めてまれです。

アナフィラキシー ~発生頻度は低いが以下のような症状~

他の起こるかもしれない症状

ワクチン接種をするかどうかは、ご自身でよく考え検討してください。
『ワクチン接種についてのQ&A』『ワクチン接種を受ける前に』のパンフレットを受付窓口にて配布しておりますのでご希望の方はお声掛けください。